巷では精力アップや疲労回復、免疫力の向上…といった効果で有名なアミノ酸のひとつであるアルギニン。

一部の女性に強烈に支持されていることをご存知でしょうか?

 

というのも、女性にとって深刻な悩みのひとつといえるのバストの悩みにアルギニンの効果が期待できるためですね。

その証拠に、ここ連日「バストアップ アルギニン」「貧乳解消 アルギニン」といった検索ワードを経由されてこられる女性が着実に増えています。

 

通常、女性向けのバストアップ・サプリに目が行きがちですが、こうやってアルギニンに絞って情報を集めている女性も、けっこう多いってことですね。

 

じつに非常に鋭いっ!

 

そこで今回はバストアップとアルギニンの関係について書いておきます。

 

アルギニンの働きはバストアップを相性がいい!

いい体

僕個人としては、体型や顔といった全体の雰囲気に合っていれば貧乳でも巨乳でも構いません…どちらでも好きです(笑)

どうも、管理人の野口です。

 

野口をはじめとする男性にとっては、貧乳でも巨乳でもそれぞれの良さがあるものですが、女性にとっては結構なコンプレックスだったりするんですよね。

とくにバストのサイズによっては、洋服の選択肢が狭くなってしまう…といったケースも多いですからね。せめて人並みくらいにはバストアップできれば…と考えるのは普通のことかもしれませんね。

 

そんな中、バストアップ効果を狙ってアルギニンを摂取している女性も多いようです。

本当にアルギニンにはバストアップ効果が期待できるのか?

メリットやデメリット等も含めて考えてみたいと思います。

アルギニンの特徴と効果・効能とは?

まずアルギニンについて、あんまり知識を持ち合わせていない女性もいるかと思います。

 

ここでは簡単に説明しておきますね。

アルギニンとはこちらの記事、でも詳しく解説していますが、人間にとって必要不可欠なアミノ酸の一種なんですね。

 

細かい話になると体内で生成できるアミノ酸かどうかで、必須アミノ酸と非必須アミノ酸に分けることができるんですが、参考までに成人の場合は体内で生成できるので非必須アミノ酸ということになります。

 

このアルギニンというアミノ酸、最大の特徴といえるのが「成長ホルモン」の分泌を促進させることだといわれています。

その他にも性機能向上(精力アップ)血行促進作用肝機能の向上や肝臓疾患の予防、さらにはデトックスによって毒素排出効果まで期待できるメリットの多いアミノ酸といえます。

 

アルギニンがバストアップになぜ効くの?

では本題のバストアップの話に戻します。

 

こういったアルギニンが、なぜバストアップ効果が期待できるのでしょうか?

諸説あるようですが、多くの意見が一致している部分としては、アルギニンのもつ成長ホルモンの分泌促進の効果だといえるでしょうね。

 

アルギニンの摂取によって、成長ホルモンの分泌が促されることで女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンといった各種のホルモンがより分泌されますからね。

そもそもバストアップは女性ホルモンの分泌量に左右される部分が非常に大きいのは有名な話です。

とくにアルギニンの生成量は、10代や20代の前半をピークに、加齢とともに減少し始めます。

体内で女性ホルモンを分泌しやすい状態を保つためにも、継続的にアルギニンを適度に摂取することはバストアップ効果が期待できないわけありませんよね。

 

詳しい話になると、アルギニンによって促進された女性ホルモンがラクトゲン受容体に作用してバストアップにつながるわけですが、とにかく成長ホルモン分泌を促進させることはバストにとって非常に効果が大きいんですね。

 

成長ホルモンだけじゃない!アルギニンのバストアップ効果とは?

アルギニンを摂取することで、成長ホルモンがより分泌されて女性ホルモンの量を増やしラクトゲン受容体がバストを大きく変化させる…この部分は間違いありません。

ですが野口としては、アルギニンのバストアップ効果はこれだけではない…と睨んでいます。

まずアルギニンによる筋力増強の効果

 

これも意外とバストアップに影響しているのではないでしょうか?

たしかに純粋なバストという部分では筋力など無関係といえますが、バストをより大きく見せるためには、ベースとなる大胸筋が十分に発達しているかどうかも重要になってきますからね。

とくに貧乳気味の方の場合、ベースとなる大胸筋をある程度鍛えておくことで、それなりのバストに見えてくるものです。そういった意味ではアルギニンのもつ筋力増強の効果は嬉しい部分といえますね。

 

またアルギニンのもつ脳を活性化させる働き、疲労回復させる働きなんかもバストアップにつながっています。

脳が活性化されたり、筋肉疲労がうまく回復されることで、質のよい規則正しい睡眠を可能にするわけです。

女性にとって成長ホルモンを始めとした女性ホルモンがもっとも活発に分泌される時間帯は、一般的に夜の11時~深夜2時までだといわれています。この時間にしっかりと質の良い睡眠をとることで、よりバストアップの可能性も高まるはずです。

 

バストアップ目的ならアルギニン摂取がおすすめ!

女性

前述のとおり、アルギニンの働きを知れば知るほど、バストアップ効果が期待できそうな気がしますね。

野口としても、下手なバストアップサプリなんかに手を出すのなら、単純にアルギニン含量の多い食品を意識して摂取する方がよっぽど効果があるのでは…と考えています。

あとは摂取方法の問題ですね。ちなみに以下の食品にはアルギニンが比較的、多めに含まれています。

食材名 食材100gに含まれるタンパク質 タンパク質に含まれるアルギニンの割合
白米 6.2g 6.2%
食パン 8.0g 3.0%
大豆 34.3g 7.5%
アジ 20.0g 5.7%
赤貝 15.5g 6.7%
イカ 17.0g 8.6%
牛肉 19.3g 6.2%
豚肉 13.4g 6.0%
ハム 18.6g 7.0%
鶏卵 12.7g 6.4%
牛乳 2.9g 2.8%
チーズ 25.2g 4.2%

※ヘルス凪文庫 スーパーアミノ酸 アルギニンより引用

アルギニンは必要不可欠なアミノ酸なのは間違いありませんが、アルギニン含量の多い食品ばかりを意識して摂取すると、高カロリーになる傾向があるんです。とくに女性にとっては深刻な問題ですね。

 

なので、効率よくアルギニン・サプリメント等を利用して不足分を補うといった方法がお勧めでしょうね。

上述しましたが、女性のとって成長ホルモンや女性ホルモンがもっとも分泌される時間帯である11時までに就寝することを考えると、就寝の約1時間程前に適量を摂取しておけばバストアップ効果も大きいかと思いますよ。